Yer Blues!

アクセスカウンタ

zoom RSS RYUTist 3rd.album「柳都芸妓」発売に寄せて

<<   作成日時 : 2017/06/20 08:22  

トラックバック 0 / コメント 0

画像

すでに発表がありました通りRYUTistの3rd.Album「柳都芸妓」がいよいよ8/1に発売されます。

私、鈴木は、楽曲提供とホーンアレンジで計2曲参加させていただきました。

僕の部屋の壁に「日本海夕日ライン」(セカンドアルバムのことね)のポスターがずっと貼ってあるんだけど、今朝、ふっとそれを見たら「2016.08.02 on Sale」って書いてあって、本当、ちょうど1年前なんだなあ、って。もう一年なんてあっと言う間。たったの一年で凄い作品をデカそうとしてますよ。今回も一緒に音楽をやれたことに感謝しています。

フタを開けたら、ほとんどが同じ作家陣。これは凄いこと。つまりは、信頼感が作り出した3枚目ということになる。じゃ何が凄いかって「同じメンバーで前作を超えよう」としていること。作る人を変える、この方法はそんなに難しいことじゃない。だけど、同じメンバーで各々が前作を超える挑戦をすることで全体でボトムアップして超えていく。こんなに力強い作品はないと思うわけなんです。もちろん新しい風も吹き込んで、全てがプラス方面に進んでいると思います。

僕は「音楽家」という言い方をよくするんですけど、なんかアーチストっていうとちょっと広すぎだし、何だかカッコつけてる風で衒いがある感じがして、ちょっと使えない。「俺、アーチストだ。」なんて言えないし、もちろん、思ってもいない。
音楽を一生懸命やる方は「音楽家」で良いと思うんです。音楽家の誇りを胸にもっと音楽をやればいい。それは明らかにスキルが足りないか、縁がなくて仕事として生活が成り立たない方が大多数、もちろん自分を含め、だけど、音楽を作ったり、歌ったり、もうそれは音楽家だから、自信持って表現していけば良いと思うんです。その凛々しき姿に必ず着いてきてくれる方がいるはず。その人たちが多いか少ないか、それは様々かもしれないけど、その人たちのために聴かせようって思えば次第に自信が湧いて楽しくなってくると思うんです。
全部、自分にも言い聞かせてます。

RYUTistは「音楽家」ですね。加えて、スキルも持ち合わせているからもう文句なしで「音楽家の中の音楽家」。

アルバム、楽しみにしています。

月別リンク

RYUTist 3rd.album「柳都芸妓」発売に寄せて Yer Blues!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる