Yer Blues!

アクセスカウンタ

zoom RSS 別冊「フレンド・オブ・マイン」完全解説8。

<<   作成日時 : 2016/12/02 00:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

先週、R113を通って、瀬波に行きました。

発売前に「フレンド・オブ・マイン」MVを作っていただきました。

7/24から8/7まで、RYUTistパネル展が開催される期間に合わせて
7/20から約20日間、新潟日報メディアシップの大型モニターで放映していただきました。

今年の夏は、夢のような現実が毎日繰り広げられました。
本当に嬉しくてメディアシップに何回も見に行ったし、見ながら聴きながら、目を細めて1時間も2時間もハンバーガー食ってた。
ただただ幸せでした。

ありがとう。

この曲の自慢を最後に。演奏者も歌い手も全員が新潟育ちの新潟在住。だから「フレンド・オブ・マイン」は、胸張って「新潟」のポップって言えます!!


別冊「フレンド・オブ・マイン」も本日で終了です。お付き合いいただきありがとうございました。

僕はシード権を獲得したわけでもなんでもありません。したがって、また1からデモ作って、良い曲を作ることに専念するだけ。良くなきゃもうみんなに会えない。そんな気概でやってます。だからもっともっと良い曲を沢山書いて、魅力的な音楽家になって再びお会いしたいと思います。

でもね、はっきり言って相当ハードル高いよ、このチーム。「日本海夕日ライン」聴いてわかったでしょ?なんたって、日本一の楽曲派集団だから。


いやいやいや、ちょっと待った。12/17の柳書店でまたお会い出来ますね。よかった。あぶねえ、永遠の別れになるところだった。大丈夫、曲書いてる。連載終わるんで、明日から曲つめます。遊びに来てね。


鈴木恵(鈴木恵TRIO/EXTENSION58)


最後に「フレンド・オブ・マイン」のMVをお届けします。
普段あまり目にする機会がないRYUTistの夏の一日を描いたオフショット。R113からR402を旅します。
ココロの奥に潜むノスタルジーにそっと語りかけるような素敵な映像とサウンドです。




月別リンク

別冊「フレンド・オブ・マイン」完全解説8。 Yer Blues!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる